ワーママ 育児とマイルと旅行

旅行、ポイ活、日々の暮らし、語学勉強などの出来事を綴っています。

眉のアートメイク体験記。これでメイクも時短。

f:id:tanbatom0803:20200623000056j:plain

アートメイクはご存じですか?私はもう10年以上はお世話になっているアートメイク。

韓国でやったり、日本でやったり、かれこれ4、5回は入れていると思います。今回は久しぶりに眉のアートメイクを入れたお話です。

 

アートメイクとは

アートメイクは皮膚の1番浅い層に色素を入れる特殊なメイクです。通常のメイクとは違い、汗や水でも落ちません。

 

軽い刺青のようなものですが、刺青やタトゥーは一度入れると消えません。アートメイクは肌のターンオーバーに合わせて通常2、3年で薄くなります。

薄くなるので、トレンドに合わせた眉の形に定期的にメンテナンスすることも可能です。

 

アートメイクをお勧めする理由

  • メイクの時間が短くなる
  • すっぴんでも眉毛が気にならない
  • スポーツや水際などで眉が消える恐怖がない
  • 綺麗な眉をキープすることが出来る。

 

私は手書きで眉毛を調整するのがとっても苦手で、眉頭の位置が違ったり太さや長さも違ったりで、毎朝メイクに時間がかかっていました。

アートメイクにした後は、そんなストレスともさよならです!毎朝のメイク時も眉毛が既に綺麗な状態なので、メイク時間もとっても時短になりました。

 

実際に体験したアートメイクとは

アートメイクの眉といえば、少し前までの海苔のようにべたっと一筆書きのような眉をイメージされているかもしれません。

今が技術が進歩して色々な種類のアートメイク眉があります。

 

  • 1D眉・・・眉頭から眉尻まで均等な眉に仕上げることができます。
  • 2D眉・・・グラデーション眉やパウダー眉とも言われています。イメージとしては、メイクをした時のような眉に仕上がります。
  • 3D眉・・・1D、2Dとは異なり毛並を1本1本手彫りして描いていきます。自眉のような仕上がりになりますので、もともと毛の少ない人におすすめです。
  • 4D眉・・・2Dと3Dを組み合わせた高度な技術となっています。ベースに2Dを入れていき、仕上げに3Dを加えることで、より自然で立体感のある眉を手に入れることができます。

 

私は毎日メイクをするので、メイクの延長線として活用しやすい2D眉にしました。

 

また掘り方は手彫り機械(マシン)彫りがあります。 今まで機械(マシン)彫りしか体験していませんでしたが、今回はより自然な仕上がりになる手彫りにすることにしました。

 

アートメイクは医療行為になるので、サロンではなくクリニック(医療機関)で受けることをお勧めします。

昔はエステサロンで気軽にアートメイクを受けることが出来ましたが、医療トラブルが増えたことで、現在は医師免許がなければ原則施術を行うことはできません。

きちんとしたクリニックで施術してもらうことが大切です。

 

施術内容は

f:id:tanbatom0803:20200627232843j:image

2D眉のアートメイクは、診察・カウンセリング・施術を含めて約2時間ほどかかりました。

アレルギー有無の問診があった後、施術内容とアフターケアの説明がありました。その後、骨格や眉・目のバランスに合わせて、希望のラインをデッサンしてもらいます。鏡で一緒に確認をします。色を入れている途中も改めてラインの確認をしてもらいました。

 

眉のデザインが決まった後は、表面麻酔をしてもらい専用の針を使って施術開始です。色を入れてもらった時間自体は約1時間程でした。

麻酔のおかげで、施術中は世間話をしながら楽しく施術してもらいました。麻酔はすぐに切れてしまうので、途中何度か塗りなおしてもらいました。

 

麻酔をしているので、痛くはないのですが、時々針が皮膚に「ぐさっ」と刺さる感覚が少し怖かったです。

 

ビフォーアフター 

2D眉は、やった直後はとっても濃い仕上がりになります。私は施術翌日から会社でしたが、何人かに眉が凛々しくなったねと言われました。

施術後1週間ほどで色がなじんで自然な感じになります。

【施術前】

f:id:tanbatom0803:20200625192824j:image

変なサングラスと髪の毛ボサボサですいません。施術の眉毛は、眉頭がかなり薄くなっており、アイブローペンシルで書き足さないと恥ずかしいレベルでした。

 

【施術日当日】

f:id:tanbatom0803:20200626085731j:image

施術日当日の眉毛の様子です。写真では少し分かりにくいですが、かなり濃い状態になっています。

施術日から1週間程は、乾燥を防ぐためにワセリンを1日3回眉毛に塗ります。

眉毛には少しヒリヒリした痛みがありました。

 

色素を定着させるために、クレンジングや洗顔は1週間程我慢した方がいいと言われたので、拭き取りのメイク落としを使いました。

シャワーも出来る限り患部に触れないように注意しました。

 

【施術3日後】

f:id:tanbatom0803:20200627004002j:image

ヒリヒリなどはおさまって、かさぶたになってきます。眉毛はまだ濃いままです。

無理にかさぶたを触ったり、掻いたりして取ってしまわないように注意が必要です。かさぶたがボロっと剥がれてしまうと、そこだけ色素の定着が悪くなるからです。

かさぶたが痒かったのですが、我慢しました。3日目あたりが痒さのピークでした。

1日3回ワセリンを頑張って塗りました。

 

【施術1週間後】

f:id:tanbatom0803:20200627004513j:image

濃かった眉毛も落ち着き、色素もうまく定着しました。

f:id:tanbatom0803:20200627134250j:image

横から見た感じです。眉頭が出来てバランスが良くなりました。

 

色ムラや細くなった個所があれば、施術から3週間後であれば、2回目を入れることができます。

また少しずつ薄くなるかもしれないので、様子を見て2回目を入れに行こうと思います。

 

 

MRI は受けられる?

アメリカFDA・ヨーロッパCE認証の承認済染料を使っていればMRIを受けることができます。

 

私が突発性難聴を発症した際に、脳に異常がないかを調べるためMRIに実際に入りました。そのころには既に眉のアートメイクをしていましたが、問題なく受けることが出来ました。

もし不安な場合は、クリニックに聞けばどのような染料を使っているか教えてくれます。

 

最後に

久しぶりにやったアートメイクですが、眉の形が綺麗になったことで、気分も上がり、その上時短にもなったので、とっても満足を感じています。

忙しい、ワーキングママの皆さん、アートメイクをご検討されてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

【recommend】

Mビューティークリニック 4Dアートメイク