ワーママ 育児とマイルと旅行

旅行、ポイ活、日々の暮らし、語学勉強などの出来事を綴っています。

赤ちゃんからでもできる英語DVD学習。おすすめのDVDとその効果は?

f:id:tanbatom0803:20200211151532j:plain

赤ちゃんの頃から子供を英語に触れる場を作りたいと思い、英語のDVDを活用しています。息子は、4か月の頃からゆるくおうち英語学習を始めました。

息子が好きでよく見ているDVDとその効果についてご紹介したいと思います。

子供の早期英語学習の賛否両論について

f:id:tanbatom0803:20200215143657j:plain

日本語の基礎ができる前に、外国語を勉強することについては賛否両論あり、否定的な考えの方も多いです。

 

自分なりに色々と調べてみたところ、言語能力は言語の習得期には臨界期があり、遅くなればなるほど第2言語としての習得が難しくなることを知りました。

 

発音の聞き分けでいうと、「lとr」の発音や子音の発音などは特に早期学習が大切になるとのこと。

 

なので、できるだけ早く英語を聞かせることで、英語の音の聞き分けが出来るベースを作れたらいいなと思っています。

 

幅広い音に慣れることによって「英語耳」を身につけて、最低限聞き取れるようになっていれば、あとは本人の努力次第で話せるようになると考えています。

 

また早期英語は、英語を目的とした勉強という位置づけではなく、あくまで遊びの1つだと考えています。

一緒に楽しく英語に触れる時間を、親子の触れ合いの時間として大切にしたいと思います。

 

おすすめのDVDについて

息子が愛用しているDVDを紹介したいと思います。

 

Leap Frogシリーズはアメリカ人の友人に、子供に見せるならどれがいいかを質問し選んでもらったものです。

Letter Factory

基礎となるアルファベットのDVDです。
 
アメリカでは義務教育が始まると、「フォニックス(phonics)」を勉強します。
「フォニックス(phonics)」とは英語の読み方です。
 
Aはア、Bはブッ、Cはクッというように、アルファベット1文字ずつに対応する読み方のことを指します。
このDVDでは「フォニックス(phonics)」を歌を通して楽しく見ることができます。アルファベットのキャラクターが出てきて、歌を歌いながら発音を教えてくれます。息子もノリノリです。
 
英語の本を読むときに、知らない単語に出合ったとしても、フォニックスのルールを適応すれば、拾い読みをしながら読んでいくことが可能となるので、後々役立てばいいと思っています。
 

Talking Word Factory

Letter Factoryの応用編DVDです。
アルファベットをつなげた1つの単語が出てきたときに、「フォニックス(phonics)」を当てはめてどのように発音するかを教えてくれます。
 
ここでもアルファベットのキャラクターが出てきて、歌いながら読み方を教えてくれます。
 
息子にはまだ少し難しいので、DVDを流す回数は少ないですが、知っているキャラクターが出てきているので喜んでみています。
 

Number Land

こちらはLeap Frogシリーズで数字を学習するシリーズです。

アクセル・バイオレット・イーライ・ペニーの4匹が、数字のキャラクターが住むNumber Landに行って数字の読み方を学習します。

 

こちらも歌を交えながら、楽しく数字が学べます。歌が特徴的で楽しく、私もすべての歌を覚えてしまいました。

好きな歌などには、体をふりふりして見ています。

 

Leap FrogシリーズのDVDは輸入版のため、日本国内用のDVDプレイヤーでは再生できない場合がありますのでご注意ください。

うちはマルチDVDプレイヤーで見ています。

Chat cat for babies 

こちらは英語圏で作られた教材とは異なり、日本語環境だからこそ直面する英語の発音や聴き取りの難しさに焦点を当てられて「英語耳」を作るために作られた教材です。

 

キャラクター化された文字が、「RとL」「BとV」「SとTh」を楽しく、集中的に教えてくれます。

歌や手遊びなどもたくさん入っています。大好きなきらきら星の歌も入っていて、好きなDVDの一つです。

 

それいけ!アンパンマン いっしょにうたおうABC

アンパンマンが大好きな息子のために、祖父母が買ってくれました。アンパンマンの力は偉大で、機嫌が悪いくてもこれを見るととてもご機嫌になります。

中身が歌が中心となっていて、まず最初に見せ始めるDVDとして、お勧めです。

 

ディズニー英語システム

f:id:tanbatom0803:20200225231624j:image

子供に早期英語を始めようと思ったら、一度は目にするディズニー英語システム。

テレビに出て英語がペラペラな子供たちもこの教材を勉強していることが多く、とても興味を持ちました。

 

ただし教材費が結構高いので、うちでは無料サンプルを取り寄せし子供に見せています。かなり子供受けよく、DVDはとてもお気に入りです。

サンプルを利用しただけですが、子供が興味を持つようにかなり研究されているように思いました。ディズニーのキャラクターもたくさん出てくるので、それだけでも楽しいです。

高額な買い物になるので、まずは無料サンプルを取り寄せてみるのもありだと思います。 


赤ちゃんの英語DVDの活用方法について 

赤ちゃんのうちは、下記の点に注意をして見せていました。

  • DVDを見る時間は30分~1時間の間
  • 最初はできるだけ一緒にみて、楽しむ
  • 日常生活の中でもDVDに出てくる歌などを歌う

 

小さいうちはテレビなどの動画はかなりの刺激になるようで、まずは30分を最大にして見せるようにしていました。

またDVDを見る際は、一緒に楽しんでみるようにしていました。親も楽しむことで、子供がDVDを見ることが楽しいと思い、子供も楽しめるようになると思います。

 

DVDを見て得られた効果

現在息子は1歳11か月になりました。

DVDを見るのも大好きです。今では保育園から帰ったあと、私が家事をしている間に一人で楽しく見ることも出来るようになりました。

 

数字については日本語、英語の2種類あると分かっているようで、私が日本語で数を数えると「いち・に・さん」と口ずさみ、私が英語で数を数えると「ワン・トゥー・スリー」と続いて言えるようになっています。

 

またDVDに出てくる「RとL」「BとV」「SとTh」なども、最近はDVDの真似をして発音しようとするようになりました。

息子の中で、楽しく自然に覚えることが出来ているようです。

 

最後に

今後も引き続きおうち英語を続けていきたいと思っています。年齢が上がるにつれ、やり方についても工夫して継続していきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

こちらの記事もお勧めです。

www.kurashi-tabi.com