ワーママ 育児とマイルと旅行

旅行、日々の暮らし、不妊治療、語学勉強などの出来事を綴っています。

震えが止まらない。産後に悪寒戦慄になった話

f:id:tanbatom0803:20210514111648j:image

今回は、産後に悪寒戦慄になった体験談です。産後に歯がガチガチ、体がブルブルと震えて寒気がする症状が出ました。

出産を経験していた私も知らなかった悪寒戦慄。症状を知っているだけでも、いざという時安心です。知らない方はこの記事を一度読んでみてください。

  

悪寒戦慄になった日

f:id:tanbatom0803:20210406145557j:plain

今回の命がけの出産から入院生活を終えて、実家に戻ってきたその夜でした。2月の寒い日で、出産からちょうど1週間経っていました。

 

お風呂でシャワーを浴び始めた途端、

 

「さ、寒っ!寒い!」

 

となりました。かなりの寒気を感じたのと同時に、体が尋常じゃないほど震え始めました。

 

慌てて熱いシャワーを体にかけ続けましたが、体が一向に温まらず、シャワーを持つ手が大きくブルブル震えています。例えるならまるで氷水の中に浸かっているように、体の芯から冷え切っている感覚でした。

 

10分ほどシャワーを浴び続けましたが、症状は一向に改善されず。歯もガチガチ音を立てています。

 

「ああ、何これ、寒い寒い、助けて・・・」

 

体の震えが止まらず、お風呂の呼び出しボタンを押して助けを求めました。里帰り中だったので、母親が飛んできてびっくり。

 

救急車を呼ぼうかどうか悩みましたが、体を拭き、服を着て毛布に包まって横になっているとようやく寒気と震えがおさまりました。

風邪をひくのかと思い、熱を測ると全くの平熱。困惑しながら色々とネットで検索していると「悪寒戦慄(おかんせんりつ)」というワードが引っかかりました。

 

悪寒戦慄とは

今まで悪寒戦慄という言葉は聞いたことがありませんでした。何だか少し怖いような名前です。

名前の通り主な症状は悪寒で震えるというものです。

 

悪寒(おかん)とは、全身がぞくぞくとする不快な寒けのこと。発熱初期に感じ、ふるえが伴うこともある(悪寒戦慄、身震い、英: chills, shivering, rigor)。 

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E5%AF%92

 

私の症状は下記のようなものでした。

  • 異常なほどの寒さを感じる
  • 体の震えが止まらない
  • 体温は平熱

 

悪寒戦慄の事を全く知らなかったので、何か変な病気で最悪死んでしまうのではないかと焦りました。

 

悪寒戦慄の原因

悪寒戦慄は産後にも起こりやすく、ネットを見ていると私と同じように産後に悪寒戦慄になった方のブログを多く見つけました。

 

医学的にはっきりと解明されていないようですが、下記の原因で悪寒戦慄になりやすいようです。

  • ホルモンバランスの変化に伴う自律神経失調(冷えや血行不良)
  • 出産時の出血(貧血)
  • 睡眠不足
  • 栄養不足

私の場合には、出産時の大量出血、睡眠不足、自律神経失調などの複数の要素が原因になっていたのかなと思います。

 

悪寒戦慄の対処方法

悪寒戦慄になってから対処法を色々と確認すると、下記のような対処法が載っていました。

 

  • 布団に入る
  • 首・手首・足首を温める
  • 部屋の温度を上げる
  • バランスの取れた食事をとる
  • 睡眠をとる

 悪寒戦慄になった時は、「寒気」の対策としてまずは体を温かくするのが有効なようです。私も毛布にくるまって少しすると寒気も震えもおさまりました。

 

また予防としては、バランスの取れた食事をとり、睡眠をしっかり取って無理をしないということです。経験された方のブログを読んでいると、産後に無理をしたり疲れが残っていた方が多いように感じました。

 

最後に

悪寒戦慄に初めて襲われた時は本当にびっくりしましたが、事前に症状と対処法を知っていると焦らずに対応できると思います。

また出産は一人の人間をお腹の中で育て生むという大仕事。よく交通事故や全治3か月の怪我を負った状態などとよく言われます。

産後無理は禁物です。出来る限り体を温めて体を休ませるようにして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\ 応援をお願いします! /

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村