ワーママ 育児とマイルと旅行のブログ

旅行、日々の暮らし、不妊治療、語学勉強などの出来事を綴っています。

子連れ旅行の持ち物 幼児版おすすめベスト10!ブログで解説。

f:id:tanbatom0803:20210817180912j:plain
子連れ旅行に何かと荷物多くなっていませんか?でも足りないと困るし、かといって多く持っていきすぎると重かったり。

 

この記事では「子連れ旅行の持ち物 幼児版おすすめベスト10!」ついてブログでお伝えします。

これはおすすめだよというものを、ランキング形式にしています。

 

ちなみに私は息子を連れて沖縄、グアム、台湾、マカオなど色々な場所に行ってきました。 これあったら便利だったなという経験から買いそろえるようになった物、子ども連れの旅行で役に立つグッズや便利なグッズをお伝えします。

 

これを見たら、移動中も滞在中も子連れ旅行を快適に過ごせること間違いなしです。

 

ぜひ子連れ旅行の計画の参考にしてみてくださいね。

 

 

子連れ旅行の持ち物 幼児版おすすめベスト10!はこれ。

10位:プラスチックスプーン・フォーク・プラスチック密閉容器

f:id:tanbatom0803:20210805181453j:image

旅先のレストランで子供用の食器がないレストランありますよね?

子供用食器を出してもらっても、割れるかもしれない器だったら、使うのに気が引けませんか?

 

そんな時に役立つのが、プラスチックスプーン・フォーク・プラスチック密閉容器なんです。

おすすめする理由
  • 食事先で子供用の食器がないときに、活用できる。
  • 割れる心配がない
  • 残った朝ごはん(パンなど)をプラスチック密閉容器に入れて持ち歩ける。

旅先だと子供が食べたいときに、すぐにご飯を食べられないこともありますよね?

プラスチック密閉容器は取り皿として使えたり、残った朝ごはん(パンなど)を入れて持ち歩いたりなど大活躍!

また割れやすいお土産を買った時も、割れ防止にプラスチック密閉容器に入れて持ち帰ることもできるんです。

とっても便利なので、1つは持っていくことをおすすめします。

 

9位:チャック付きポリ袋

f:id:tanbatom0803:20210805181509j:image

チャック付きポリ袋は中身が見えて取り出しやすく、チャックで口が閉まるので、持ち運びにも便利です。

おすすめする理由
  • 中身が見えて取り出しやすい。
  • チャックで口が閉まるので、持ち運びしやすい。
  • 濡れたり、汚れたものも入れられる。
  • 大きいサイズは簡易洗濯もできる。

私はいつも、色々なサイズのチャック付きポリ袋を持ち歩いています。子供のお菓子、食事用エプロン、マグなんかもチャック付きポリ袋に入れています。

 

透明なので中身が見えて圧迫感もないし、かばんの中身が整理整頓出来てスッキリするのも嬉しいところです。

 

コインランドリーがないホテルでも、大きいサイズのチャック付きポリ袋があれば、簡易洗濯が可能。

洗濯物とお湯、洗剤を入れてシャカシャカすれば、まわりを濡らすことなく、簡単にお洗濯ができます。

 

洗濯できない時も、洗濯物をチャック付きポリ袋にいれておけば、ほかのものに臭いや汚れがが移ってしまう心配がなく、安心です。

 

本当に色々な用途に使えるので、旅行でぜひ活用してみてください。

 

 

8位:折り畳み軽量ベビーカー(Kiss Baby おでかけバギー)

 

ベビーカーは国内旅行であれば、空港、ホテルや観光地で借りたりできます。

でもその都度借りたり返したりが面倒だったり、空港までの移動でもベビーカーを使いたいと思っていました。

また、暑い場所でベビーカーをレンタルするとなると、今まで使った子の汗などがしみ込んでいたり、衛生的にもどうかなと思って、軽量ベビーカーを購入しました。

おすすめする理由
  • 空港までの移動や、目的地に着いてからすぐ使える。
  • 座席のクッション部分は取り外せて、メッシュ仕様なので夏も快適。
  • 場所によってベビーカーの数に限りがある場合も。海外は貸し出しサービス自体が無い場合も。

また海外はベビーカーの貸し出しサービスはリゾート地に限られていたりなど、サービスが充実していないので、軽量ベビーカーを持っていくのをおすすめします。

 

持ち運んだり、飛行機に預けるので、折りたためて軽量であるということが第一条件でした。

また、座席のクッション部分は取り外せて、メッシュ仕様でつかえるので、夏にも快適に使えるというところも条件の1つに入っていました。

 

少し荷物にはなるものの、旅行全体の快適さが変わってくるので、持っていくことをおすすめします。

 

7位:ベビーカー持ち運びベルト

ベビーカーを持っていくときに便利なのが、ベビーカー持ち運びベルト。

簡単に取り付けられて、ベルトの長さも調整できるのでとても重宝します。

おすすめする理由
  • ベビーカーを肩に掛けられるので、両手を空けることができる。
  • 簡単に取り付けられて、長さも調整できる

何よりも嬉しいのが、ベビーカーを肩に掛けられるので、両手を空けることが出来るところ。

子連れ旅行は何かと荷物が増えてしまうので、ベビーカーで片手がふさがってしまうのは正直痛いです。それを解決するのがベビーカー持ち運びベルト。

取付は簡単、長さも調整出来てとっても便利です。

 

ベビーカーを旅行にもっていく際は、是非セットで揃えたいところですね。

 

6位:エコバック

子連れ旅行は何かと荷物が増えてしまうので、さっと取り出せてなんでも入れられるエコバックは子連れ旅行の必需品。

おすすめする理由
  • エコバック自体がかさばらず、さっと取り出せてなんでも入れられる。
  • 買い物、洗濯物いれ、上着いれなど色々な用途に使える。
  • 口が閉まるエコバックだと、預け荷物にもできる

上着を入れて持ち歩いたり、洗濯物をいれてコインランドリーにもっていったり、お土産物を入れたりと、色々な場面で活躍してくれます。

 

口が閉まるエコバックだと、預け荷物にもできるので重宝します。

 

家から何個か持って行って、足りなくなったら、現地で可愛い限定エコバックなどを買うもの思い出になっていいですね。

 

5位:使い捨て哺乳瓶(ステリボトル)

 

授乳中の子供を連れて旅行するときに必要になってくる哺乳瓶。家と同じように清潔に持ち歩けたらいいですが、外出中は洗ったりするのが難しい場合も。

 

私の場合は、息子が10ヶ月で沖縄に連れて行ったときに初めて使ってみました。

普段のお出かけは、哺乳瓶とミルク1回分の荷物を持ち歩いていましたが、旅行となると数回分のミルクを持ち歩く必要があります。

そこで、使い捨て哺乳瓶デビューとなりました。

おすすめする理由
  • 清潔な状態でいつも使える。
  • 乳首もボトルも重ねて収納できるので、複数持ち歩いてもかさばらない。
  • 帰りの荷物が減る。

私が選んだのは、『ステリボトル』という使い捨て哺乳瓶です。ステリボトルはイギリスのメーカーが開発し、世界中で使われている「一回使いきりの使い捨て哺乳瓶」です。

購入したのは口コミがよく、評価が高かったのがきっかけでした。

消毒不要で使いたい時に、袋から出してすぐに使えるというところが特徴です。

 

旅行中は、哺乳瓶を洗ったりする場所がなかったので、ステリボトルはどこでも便利に清潔に使えるので、とても重宝しました。

 

気になったのは、いつも使っている哺乳瓶よりも、ステリボトルの乳首の吸い穴が少し大きいところ。その分、口の中にミルクが多く入るので、口からこぼれるミルクもいつもより少し多くなりました。

うちの子は、10ヶ月での使用でしたので、乳首の角度を変えつつ、こぼれないように調整しました。新生児から使えるとありますが、低月齢での使用は少し難しいかもしれません。

 

未開封だと5年間保存が可能なので、災害時など緊急時にいざというときの備えとして用意しておくのも安心ですね。

 

4位:手口ふき

手口ふきやウェットティッシュも旅行での必需品。

特に赤ちゃんの食事・離乳食時は食べこぼし対策に、ぱっと対応できて清潔な手口拭きが欠かせません。

おすすめする理由
  • その都度清潔なもので拭ける。
  • お手拭きや台拭き代わりにも使える。
  • おもちゃをさっと拭くのにも使える。

手口拭きですが、外出時大人もウェットティッシュ代わりに使用することも可能です。

フードコートなどでは、お手拭きが出ない場合も。その時はお手拭き代わりに使えますし、テーブルが汚れている場合は台拭き代わりなど、色々な用途で代用出来てとっても便利です。

 

持って行ったおもちゃも汚れが気になった場合はこれで拭きとっていました。

 

旅行の度に、お手拭きは予備も含めて少し多めに用意しています。

 

3位:バスタオル

車内での毛布やブランケット代わり、寒い時の防寒着など役立ちます。

またボタンのついたラップタオルも便利です。バスタオルとしてはもちろん、着替えにも使えます。

おすすめする理由
  • 車内での毛布やブランケットとして使える。
  • 寒い時の防寒着や羽織りものとして使える。
  • ラップタオルだと着替えにも使える。

タオルだけの用途だけでなく、色々な物の代用品に使えるので、1つ持っていけば安心ですね。

ひざかけより洗濯にも気を遣わないので活用できますよ。

 

かさ張るのがきになるのであれば、コンパクトに収納できるガーゼタオルがおすすめ。デザインも可愛いし、洗濯してもすぐに乾くので旅行にもってこいですよ。

2位:ベビーキャリー収納カバー

f:id:tanbatom0803:20210805181540j:image

赤ちゃんを抱っこして移動するときに便利な抱っこ紐。

でも抱っこ紐は使わない時、広がってる状態だと結構大きくて邪魔になりませんか。

 

私はベビービョルンの抱っこ紐を使っているのですが、抱っこ紐自体が結構ごつくて、畳んでもかさばるのが悩みでした。

おすすめする理由
  • 抱っこ紐をコンパクトにして持ち歩ける。
  • ごついベビービョルンの抱っこ紐も収納可能。
  • デザインが豊富!柄物もカワイイ。

そんな悩みを解決してくれるのが、このベビーキャリー収納カバー。抱っこ紐をくるくるとまとめて、収納できるんです。(エルゴ・ベビービョルンどっちの抱っこ紐も収納できますよ)

 

抱っこしていない時に、ごつい抱っこ紐を持つ運ぶのがイライラしていたのですが、ベビーキャリー収納カバーですっきり。持ち運びもイライラしなくなりました。(笑)

 

1位:ベビーチェアベルト

f:id:tanbatom0803:20210804153454j:plain

私のイチオシがベビーチェアベルト。

外食の際、「子供用のイス」が無いことがありますよね。そんなときにあると便利なのが、ベビーチェアベルト。大人用の椅子に取りつけて、赤ちゃんをしっかりホールドできる優れものなんです。

おすすめする理由
  • 大人用の椅子に取り付けて、赤ちゃんが座ることができる。
  • 赤ちゃんの落下や立ち上がりを防いでくれる。
  • 軽量でコンパクトなので、旅行でもかさばらない。
ベビーチェアベルトとは、椅子の背もたれに取りつけることで、赤ちゃんが安定して椅子に座れるようにするためのものです。
また、ベルトがついていないベビーチェアにも付けることができて、赤ちゃんの落下や立ち上がりを防いでくれます。
 
旅行先では、ベルトがついていないベビーチェアが結構多くて、ベビーチェアベルトは大活躍でした。
抱っこの必要がなくなるので、パパもママも落ち着いて食事をとれて嬉しいですね。
食事中に汚れても洗濯できるので、安心して使用できます。
 
子供が出来るまで、ベビーチェアベルトの存在を知りませんでしたが、旅行ブログの中で紹介されているのを見ました。
ヘビロテ必須ですので、旅行の際は絶対持って行ってくださいね!
 

 

 

まとめ( 子連れ旅行の持ち物 幼児版おすすめベスト10!ブログで解説。)

幼児の子連れ旅行におすすめベスト10をご紹介しました。

せっかくの旅行、子供と快適に楽しく過ごしたいですよね。旅先でこれあったら便利だったなという経験から準備をするようになったものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

そして思いっきり旅行を楽しんでくださいね!